あなたの家やアパート/マンションが生き返る  ~リフォームでも買い替えでもないリノベーション~

住み慣れた土地と家、そしてアパートやマンションなどの資産はなにものにも代えがたいものです。しかし家や集合住宅は老朽化という宿命を免れません。また土地も、道路ができたり大型の商業施設が進出したりすると住人や訪れる人々が変わり、以前の趣のままとはいかなくなることもあります。そもそも昔から暮らしてみたい街が、ほかのどこかにあったのかもしれません。人気エリアにあるようなお洒落なマンションのオーナーになる夢なども、あったのではないでしょうか。

人生には何度か、家やアパート資産などの買い替えやリフォームの機会が訪れます。その都度大きな出費に悩むのではなく「リノベーション」という選択肢をもっておいてはいかがでしょうか。

 

リノベーションとリフォームの違い

みなさんがご存知の「リフォーム」は、古くなり傷んだ部分の原状復帰を主体に、使いやすさなどの向上を目的に家や集合住宅の一部を改修することです。傷んだ外壁を板張りからモルタルに変えたり、風呂釜の交換とともに浴室を使いやすく作り替えたり、子供の成長に合わせて間仕切りで部屋を増設したり、年齢や時代とともにバリアフリーの玄関やエントランスを検討したりすることです。

ここでリノベーションについてご紹介したと思います。リノベーションは「刷新・革新」という意味があるように、土地と家を生まれ変わらせることです。間取りやデザイン、その目的も含めた大きな作り替えです。古い戸建て住宅がロッジ風のくつろぎの空間になったり、普通のアパートやマンションが海浜のリゾートマンションのような雰囲気になったりしている例をご覧になられたこともあると思います。もとの家と見分けがつかないほどのデザインの変更や、最新の素材や器具の採用と近代的な設計プランの導入で、機能性も価値も大きく向上するのがリノベーションです。

リフォームとリノベーションの違いを整理すると以下のようになります。

  • リフォーム=補修・修繕(原状回復)=コスト(費用)
  • リノベーション=リデザイン(新しい価値創出)=アセットマネジメント(資産価値向上)

買い替え・リフォーム・リノベーション、選択肢を多く

コスト(費用)の発生だけで終わるリフォームと、資産価値が向上するリノベーションでは、どちらが将来性や資産性があるのかは、なんとなくご理解いただけたと思います。

もう少しリノベーションの利便性や価値について考えてみましょう。

ケース1 買い替えよりもリノベーションが有効な例

仕事、子育て、そして老後を考えるうえですばらしい環境の街があったとします。しかしその街に自宅や集合住宅を構えるとなると、新築では手が出せない。あるいは資金があっても探し歩いた結果、その街に気に入った物件が見つからないようなケースもあるでしょう。そんなときに考えたいのが、リノベーションです。手ごろな中古住宅やアパート・マンションを購入し、自分の理想の家や集合住宅に作り替える(リノベーションする)という手段です。

ケース2  建て替えよりもリノベーションで

子供も独立し夫婦2人、やれやれと思ったところで家や経営している賃貸住宅の不具合が目につくものです。建て替えやリフォームは、費用が惜しいし面倒で気が進まない。そんなとき「自分の夢はなんだったのか」と考えてみると、答えが見つかるかもしれません。もし趣味が絵だったとすると、アトリエのある家にリノベーションするのはいかがでしょうか。音楽スタジオを作ってみるのも面白いかもしれません。小さな教室を開くことも夢ではなくなります。古いアパートやマンションを、人気エリアの集合住宅のように造り替えることなどが現実的になります。

ケース3 ほかにも土地や家がある、遊休候補の家をリノベーション

夫婦二人になると、利便性のいい街の小型のマンションに引っ越したいと考える人が少なくありません。しかし現在の庭付きの古い家やアパートを手放すのは少し惜しい気がする。老後や将来の息子・娘夫婦の資産に残しておきたいという気持ちもあるかもしれません。一戸建ての古い家ならリノベーションで利用価値の高い家に作り替え、しばらく貸し出すことも検討できます。アパートならば、リノベーションで賃貸価値を上げ、賃料に反映させて収益向上も目指せます。

買い替え・建て替え・リフォームの三択ではもったいない

このように、「買い替え」「建て替え」「リフォーム」三者択一ではなく、「リノベーション」という選択肢を加えることでさらに広がりが生まれることがおわかりいただけたでしょう。

高級住宅地の古い戸建てや集合住宅では、そもそも土地が有効に活用されているとは言えないかもしれません。よりモダンなデザインにリノベーションされた建物のほうが、賃貸でも売買でも価値が高くなります。

建物はその土地に合った利用目的になるのが理想です。リフォームや買い替え、建て替えは面倒、喜びが感じられない、資金的に納得ができないという思いがあるのでしたら、一度リノベーションについて検討なさってはいかがでしょうか。

 


参考:

関連記事