TOP > 私たちの実績 > Orange Blanc

実績一覧 Orange Blanc

建物賃貸事業

白に統一されたスタイリッシュなデザインと、静かな住環境にマッチした開放感あふれる住み心地

Orange Blanc

 白を基調としたスタイリッシュな賃貸テラスハウス「Orange Blanc(オレンジブラン)」。この建物は、オーナーの長澤さんが古くなったアパートの建て替えに伴い、東急電鉄に事業コンサルティングを依頼し実現しています。
 「建ててから40年近く経っていたアパートの建て替えを考えていた頃に、ちょうどタイミングよく前の事業の担当者と成田空港で偶然バッタリ(笑)! 話も弾み、またお願いしますと声をかけたのがきっかけです。空港で話したのは予想外でしたが(笑)、最初から東急さんにお願いするつもりでした。あゆみが丘の区画整理時代からの付き合いで、公私ともに信頼していますから」(敏男さん)
 今回の事業には、長澤さんのご子息の徹さんも参加。一般的な集合住宅には見られない、オリジナルの設計を希望されたお二人の意向を取り入れ、庭と室内が一体となる空間をコンセプトとしたプランを採用しています。各住戸の1階部分には、開放感のある大きな窓を設け、目の前には専用庭を完備。間取りは閑静な住環境に適した、2LDKのファミリータイプに統一しています。
 「建築士さんには、小さな美術館のようなイメージでデザインしてほしいと伝えました。広々した空、裏手の竹林とマッチしたモダンなたたずまいが気に入っています」(徹さん)
 「一目見ると別荘地にあるペンションのように見えますし、風が吹く日に窓を開けると笹の音も聞こえます。落ち着いた環境で子育てをしたい、おしゃれな家にも住みたいという、こだわりをもった家族に選んでいただけると思いました。今回の土地は駅近でもなければ、隣接する道路からも奥まった変形地。この難しい条件の中、智恵を絞ってくださった建築士さんと東急さんには心から感謝しています」(敏男さん)
 長澤さんは、以前にも東急電鉄をパートナーに、愛車や趣味とともに暮らすガレージングハウス「イソラあゆみが丘」を建てられています。このように明確な方向性をもって事業を行われている長澤さんに、これからの土地活用事業に対するお考えを話していただきました。
 「新規の土地はほとんど残っていませんから、既存の物件の建て替えが主流になるでしょうね。ただし、今回の土地のように必ずしもいい条件とは限りませんので、古くなっても住み続けたいと思えるような特長のある建物も必要だと。個人としてはそろそろ引退して、後のことは息子たちに任せたいと思っています(笑)」(敏男さん)
 「代々続く大切な土地を生かした活用をしたいと思っています。でも父のことですから、今後もいろいろと意見してくるでしょうね(笑)」(徹さん)

※インタビューは東急沿線・街の情報誌『THE GROWING』掲載当時のものです

◯所在地/横浜市都筑区牛久保町 ◯用途/賃貸住宅